Sensor News Japan

たぶん日本初! センサ情報専門ニュースサイト

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sensor News Japan

--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

裏返してトラックボール風に操作できる「ゴロ寝deマウス」発売

新製品 ] 2005/09/30(金)

裏返してトラックボール風に操作できる「ゴロ寝deマウス」発売

本体を裏返してトラックボールのように使えるというワイヤレス光学式マウス「ゴロ寝deマウス」がサンコー レアモノショップで発売になった。実売価格は3,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

外観はごく一般的なシームレスタイプのボタンを採用したマウスだが、ユニークなのは裏面の光学センサー。中央部分がレンズのように半球状に盛り上がっており、本体を裏返してそこをトラックボールのように指でなぞることでポインタ操作ができるようになっている。


昔ダビスタ用ジョイスティックというのを使っていたことがあるのだが、寝っ転がりながら片手で操作するのは意外と楽なんだよね。寝落ちしてもよさそうなゲームなんかに最適だ。
スポンサーサイト

Sensor News Japan

02:33 | トラックバック:3 | コメント(*) | 先頭 | TOP

東芝松下ディスプレイ、光ペンで直接手書き入力できる液晶ディスプレイ

開発 ] 2005/09/30(金)

東芝松下ディスプレイ、光ペンで直接手書き入力できる液晶ディスプレイ

モバイルに最適な低温ポリシリコン技術の特性を生かしたSOG(システム・オン・グラス)技術を駆使し、光センサーと信号処理機能を液晶ディスプレイのガラス上に作り込むことで、タッチパネルなどの別部品をディスプレイに組み合わせることなく、直接、文字・図形・線画を書き込むことを可能にした。


TMDのセンサ入り低温ポリシリコン液晶ディスプレイの記事。確か初めて発表したのが2年前だったんじゃないかな。ずいぶんと完成度が高くなっているようだ。
個人的にはタッチセンサがケータイ電話のボタンになる液晶ディスプレイ、というかケータイ全体が液晶ディスプレイになるような製品を期待している。インパクトあるよ。

Sensor News Japan

02:27 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【IEDMプレ】耳の中に埋め込む人工内耳

開発 ] 2005/09/29(木)

【IEDMプレ】耳の中に埋め込む人工内耳

米University of Michiganは,聴覚の回復機能に加え,姿勢検知機能を持つ人工内耳デバイスを開発した。2005年12月に開催される「IEDM 2005」で発表する。MEMS技術によって微小な構造にして耳の中に埋め込めるようにしている。


記事中の写真は必見。苦労して実装している様子がうかがえる。
しかし音声信号の劣化が少なくなるよう聴覚神経との接続は短くしている、とコメントしている割には、パッケージに工夫が無いんだよな。

Sensor News Japan

07:00 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

旭化成電子,厳しい環境下でも高精度を維持できる小型の回転角センサを開発

新製品 ] 2005/09/28(水)

旭化成電子,厳しい環境下でも高精度を維持できる小型の回転角センサを開発

旭化成電子(本社東京)は,自動車用モータ制御やステアリング角度検知,ロボット,工作機械のエンコーダ向けに,小型の回転角センサ「高精度非接触回転角センサ」を開発した。2005年11月にサンプル出荷を始める。温度が高い,振動が大きい,粉じんが発生しやすい,といった環境下でも高精度に角度を検出。-40~+125℃の範囲において,角度誤差を±0.5°に維持する。


温度ばらつきや振動に強く高精度な小型回転角センサ。
温度や振動と聞くと明らかに車載向けセンサを狙っていると思われる。

Sensor News Japan

02:48 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ラシージャパン、指紋認証センサーを搭載したポータブルHDD“LaCie SAFE Mobile Hard Drive USB 2.0”を発売

新製品 ] 2005/09/28(水)

ラシージャパン、指紋認証センサーを搭載したポータブルHDD“LaCie SAFE Mobile Hard Drive USB 2.0”を発売

ラシージャパン(株)は16日、指紋認証センサーを搭載したUSB 2.0対応のポータブルHDD“LaCie SAFE Mobile Hard Drive USB 2.0”を10月上旬に発売すると発表した。容量が80GBの『LaCie SAFE Mobile Hard Drive 80GB USB 2.0』と40GBの『LaCie SAFE Mobile Hard Drive 40GB USB 2.0』をラインアップする。価格は、80GBが2万5890円、40GBが1万9980円。

“LaCie SAFE Mobile Hard Drive USB 2.0”は、指紋認証センサーによりドライブ内のデータへのアクセスを制限できるのが特徴。最大5人(最大10個)の指紋データを登録でき、ユーザーごとに“読取り/書込み(フルコントロール)”や“読取り専用”などの権限を設定できる。内蔵するHDDは2.5インチサイズで8MBのバッファーメモリーを搭載する。回転数は毎分5400回転でシークタイムは12ms以下。


USBメモリで指紋認証を搭載した製品が出てくるのだから、大容量のポータブルHDDに指紋認証センサを搭載した製品が出てくるのは当然と言える。
関係ないが15年ぐらい前は緑電子の20MBポータブルHDDを使ってたんだけどな。

Sensor News Japan

01:03 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

自動車のタイヤ・センサー市場に独社,新規参入が相次ぐ

ニュース ] 2005/09/27(火)

自動車のタイヤ・センサー市場に独社,新規参入が相次ぐ

TPMS(tire pressure monitoring system)市場は,特に米国において規制化されたことで拡大している。この規制では,2005年9月までに出荷される重量4トン未満の自動車の20%に搭載することが義務付けられている。2006年9月までに70%,2007年9月までに100%の搭載が求められる。なお,Yoleが発行した最近のレポートによると,TPMS市場は2004年の400万米ドルから2007年には1億米ドルに急成長する。現在は,10万ユニット/週で量産しているInfineonが大手であり,GEがこれに続く。横浜ゴムは,2006年に新型TPMSの導入でリードしている。


相次ぐ、というと語弊があるが、TPMS市場にELMOSが新規参入する。
TPMSに参入企業が増えることで普及が早まることを切に願っている。だってよくタイヤをパンクさせるんだもん、俺。

Sensor News Japan

07:47 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

1台2役の自動ドア用赤外線センサー「プロセーフT(OAT-1V)」(2005/9/15)

新製品 ] 2005/09/26(月)

FujiSankei Business i. 産業機械・住宅設備/1台2役の自動ドア用赤外線センサー「プロセーフT(OAT-1V)」(2005/9/15)


タッチセンサの代わりを上部の赤外線センサでやってしまおうというセンサユニット。本質的には赤外線センサなので2人目以降も挟まずにすむ。
種明かしされるとなるほどね、と思うけど、面白い工夫だよね。

Sensor News Japan

03:53 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

視覚認識で客を案内,富士通研ら開発のロボット「enon」を一部の顧客に販売開始

新製品 ] 2005/09/26(月)

視覚認識で客を案内,富士通研ら開発のロボット「enon」を一部の顧客に販売開始

富士通フロンテックと富士通研究所は,オフィスや商業施設などでの利用を狙うサービス・ロボット「enon」を開発した。この9月13日より富士通フロンテックが一部の顧客に限定して販売開始する(発表資料)。

訪問客への案内業務や,荷物の搬送業務,館内の巡回など,複数種類の作業ができるサービス・ロボットとして売り込む。「大規模商業施設,専門店などへの引き合いがある」(富士通フロンテック)。2005年11月以降に順次納入する予定。価格は,ハードウエアが約600万円,ソフトウエアは個別見積もり。

車輪による走行機能(速度は最大3km/h),音声合成や音声認識の機能,無線LANでサーバと通信する機能,アームで0.5kgまでの物をつかむ機能,胴体にある荷台に10kgまでの荷物を乗せて運搬する機能などを備える。視覚認識の機能に特徴があり,特別な誘導用の目印がなくても,地図データと認識した視覚情報とを照合しながら,障害物を避けて自力でルートを決めながら走行できる。


視覚認識で障害物を避けて走行可能なロボットが、もう発売されていることに驚きを覚える。もっと未来の話だと思ってた。
製造業としての富士通に魅力を感じることは少ないが、こういった高度な情報処理技術が絡むとさすがに一日の長がある。

Sensor News Japan

03:42 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

三菱電機、認識認識率99%以上の透過式「指」認証システム、濡れていてもOK

新製品 ] 2005/09/22(木)

三菱電機、認識認識率99%以上の透過式「指」認証システム、濡れていてもOK

三菱電機(野間口有社長)は、乾燥した指や濡れた指でも99%以上認識できる「三菱指透過認証装置」を発売した。


珍しい透過型指紋……じゃなかった「指」認証装置。
静電容量型などに比べてオーバースペックだが、セキュリティが重要な機器などに採用されていくのではないか。

Sensor News Japan

01:39 | トラックバック:1 | コメント(*) | 先頭 | TOP

米Micronが日本市場をターゲットに500万画素のデジカメ向けMOS型センサーを投入

ニュース ] 2005/09/22(木)

米Micronが日本市場をターゲットに500万画素のデジカメ向けMOS型センサーを投入

米Micron Technology, Inc.は,500万画素のデジタル・カメラ向けMOS型センサー(CMOSセンサー)を製品化すると発表した。同社はすでに携帯電話機向けにVGA対応品,130万画素品,200万画素品のMOS型センサーを製品化している。今回の新製品を皮切りに「特に日本市場でデジタル・カメラのイメージ・センサー=CCDという状況を崩したい」(同社Senior Director of Marketing, Imaging Groupの鈴木久之氏)と意気込む。


鈴木氏が意気込むまでもなくイメージセンサとしてのCCDは押され気味だ。近い将来ほとんどの普及型デジカメ用センサがCMOSセンサに取って代わられることだろう。

Sensor News Japan

01:30 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

0.165ccと小さい指紋認証モジュール「μFP」,NTTエレがサンプル出荷開始

新製品 ] 2005/09/22(木)

0.165ccと小さい指紋認証モジュール「μFP」,NTTエレがサンプル出荷開始

NTTとNTTエレクトロニクスは,実装体積0.165cc(11mm×15mm×1mm)と小さい指紋認証モジュール「μFP」(「マイクロ・エフ・ピー」と読む)を開発した(発表資料)。10月1日よりNTTエレクトロニクスがサンプル出荷を開始する。サンプル価格は3000円程度から。


かなり小さい指紋認証モジュールの記事。オーセンテックの指紋認証センサより若干薄い。

Sensor News Japan

00:24 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

回転角度を高精度に検出 ~小型磁気センサーを開発 静大など

開発 ] 2005/09/21(水)

回転角度を高精度に検出 ~小型磁気センサーを開発 静大など

静岡大電子工学研究所の川人(かわひと)祥二教授(画像デバイス)と技術移転機関の静岡TLOやらまいか、軸受け等製造のNTN(大阪市西区)は八日、小型ながら高精度に回転角度の検出ができる磁気センサーを開発したと発表した。ロボット関節の詳細な動きの実現や小型事務機器の正確な作動などで利用が見込まれ、数年後をめどに製品化を目指す。


何気ない地方紙の記事だが、精度がすごいので取り上げてみた。

同社従来の回転角度検出は三十二分の一回転の精度だったが、一千分の一回転までの検出が可能に。二月には集積回路のオリンピックといわれる国際固体回路会議で、この研究が最優秀論文に選ばれた。用途開拓が今後の課題となる。


なんと1000分の1回転ですよ、奥さん(誰?)。
ロボット分野で使えそうだね。

Sensor News Japan

03:59 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

日産、米スタンフォード大学およびPSI社とエンジン内のガス温度計測技術を共同開発

開発 ] 2005/09/21(水)

日産、米スタンフォード大学およびPSI社とエンジン内のガス温度計測技術を共同開発

点火プラグに内蔵できる超小型温度センサを新しく開発した。エンジンを加工せずに取り付けられるため、測定するエンジンが限定されない。測定精度も向上するため、燃費向上や排ガスのクリーン化、始動直後の低温時や加減速時など燃焼が安定していない条件での動力性能と環境性能の改善に、有効な開発手段になるという。


点火プラグとはいい処に目を付けたね。

Sensor News Japan

03:43 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ホンダ,前面衝突に対応する2輪車用エアバッグシステムを開発

開発 ] 2005/09/21(水)

ホンダ,前面衝突に対応する2輪車用エアバッグシステムを開発

ホンダは2005年9月8日,2輪車が前面衝突した際に作動する「二輪車用エアバッグシステム」を開発したと発表した。2輪車の車体に組み込まれたエアバッグが衝突時に展開し,運転者の運動エネルギを吸収。2輪車からの離脱速度を抑制することで,相手車両や路面などとの打撃による傷害を軽減する。 2006年半ばに米国で発売する予定の新型「ゴールドウイング」に搭載する計画だ。


2輪エアバッグを搭載するにあたり問題になるのは、衝突時にエアバッグが開かないことよりも衝突していない時にエアバッグが開いてしまうことである。言うまでもないが。
こうしてホンダが発表したということは、通常時のセンサ誤作動問題をクリアしたんだろう。ぜひ早い時期の実用化を期待する。

Sensor News Japan

03:40 | トラックバック:1 | コメント(*) | 先頭 | TOP

「短い寿命でも実用可能」,産総研が有機材料を用いた農作物育成用水蒸気センサを試作

開発 ] 2005/09/21(水)

「短い寿命でも実用可能」,産総研が有機材料を用いた農作物育成用水蒸気センサを試作

産業技術総合研究所は,有機材料を用いた水蒸気センサを試作し,その内容を2005年9月7日~11日に徳島市で開催されている「2005年(平成17 年)秋季第66回応用物理学会学術講演会」で発表した。主にビニールハウス内の農作物の育成管理に向ける。葉に取り付け,葉の気孔から放出される水蒸気を検知することにより,農作物が実る植物内の水分量を判断する。

植物の水分量を判断する目的は,栄養をうまく循環させ,品質の良い農作物を育てることである。水分量を知ることによって,植物内の水の流れがわかるという。流れている水は栄養を運んでいるため,供給する水の量,風や光のあて方などを変えて,うまく栄養が農作物に巡るようにできる。水分量を判断する期間は一定期間でよいので,センサとして機能する寿命もそれほど必要とせず,品種によっては1週間程度で十分だという。この試作品では,水分に弱いという有機材料の欠点を逆手に取り,現在の市販品よりも感度の高い検知を可能にしている。さらに印刷技術を用いて製造しているため,製造コストは従来の市販品よりも大幅に削減できるという。


品種によっては1週間程度で十分、なんてちょっと言い訳がましいが、製造コスト削減や高感度検知が可能な点は侮れない。

Sensor News Japan

02:58 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

特別連載「MEMSの本質を理解する」(5),「加速度センサー,イメージャへの応用」

ニュース ] 2005/09/21(水)

特別連載「MEMSの本質を理解する」(5),「加速度センサー,イメージャへの応用」

東北大学教授・江刺正喜氏による特別連載の第5回目。MEMS技術を使った開発事例として,自動車・民生機器向けを紹介する。加速度センサーや赤外線イメージ・センサーなどがある。


MEMSプロセス技術を用いたセンサの紹介。デバイスの簡単な特徴が紹介されている。
図がわかりやすいよ。

Sensor News Japan

02:28 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ケータイ設計に影響及ぼすMEMSデバイス,Siマイクの事例

ニュース ] 2005/09/15(木)

ケータイ設計に影響及ぼすMEMSデバイス,Siマイクの事例

MEMS技術を使ったSiマイクが,携帯電話機のLSI設計に影響を及ぼす可能性が見えてきた。携帯電話機にSiマイクが載り,「ディジタル・マイク」が実用化されると,ディジタルLSIのチップの切り分け方に影響を与えるからである。


図にあるように基板を裏返して配置することが可能なため薄いケータイを開発できる、というのが印象的だ。Siマイクのメリットはそんなところにもあったのね。

Sensor News Japan

03:25 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

経産省、次世代センサーの開発支援・開発費用の半額補助

ニュース ] 2005/09/14(水)

経産省、次世代センサーの開発支援・開発費用の半額補助

経済産業省は2006年度から小型で高機能な次世代センサーを開発する企業や民間研究機関に対して、開発費用の半分を補助する制度を設ける方針だ。センサーは自動車や情報通信機器などの性能を左右する部品で、海外企業も小型化と精度の向上を競っている。


中小企業にとって朗報の記事。こういう補助を受けると開発が加速するんでぜひとも有効に活用して欲しい。
なお開発費補助の要件について経済産業省のサイトに行って確認してみたが、9/14未明現在、本件に関わる記述は無い。

Sensor News Japan

01:50 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

“コストに勝つ”MEMSデバイス,Siマイクの事例

ニュース ] 2005/09/13(火)

“コストに勝つ”MEMSデバイス,Siマイクの事例

MEMS技術によるSiマイクを量産中の米Knowles Electronics LLCは,同社が採用している低コストのパッケージ技術を明らかにした。MEMSセンサー,CMOS LSI,受動部品を実装した基板,ふた,そして基板とふたの間に置く柱の3層をいずれもFR-4基板で構成する。


MEMSをやってていちばん困るのが後工程なんだよね。ハンドリングしにくいし、壊れやすいから自動化も難しいし、一品一様で治具を作りにくいし。この記事ではパッケージングの工夫により低コストを実現できた事例が紹介されている。
また忘れちゃならないのがセンサ部の絵と写真。マイクの外周が広いなと思ったら(100)Siの異方性ウェットエッチングだったのね。図を見る限りは結構厚い基板を使っているようだ。

Sensor News Japan

02:18 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【ASV-3】ホンダ,生体センサや車内カメラを利用する次世代緊急通報サービスを搭載

開発 ] 2005/09/12(月)

【ASV-3】ホンダ,生体センサや車内カメラを利用する次世代緊急通報サービスを搭載

ホンダが,2005年9月2日に発表した「ASV-3」には,生体センサや車内カメラの情報を送信可能な緊急通報システムを搭載した。

同システムは,事故が起きた場合に事故が起きた前後15秒間の映像をはじめ,事故の発生した場所やエアバッグの展開状況,シートベルトの装着有無などのデータを携帯電話を使ってオペレーション・センターに自動的に送信する。画像と音声を同時に通信することで,オペレーション・センターでは事故後の乗員の状況をリアルタイムで把握することができ,適切な対応を迅速に行えるとしている。


すげぇー!!
近未来の車って感じがするぞ!!

よくブラックボックスを搭載するかどうかで議論になるが、技術はもっと先まで行ってるんだな、と実感させられた。

Sensor News Japan

03:25 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

独Infineon,タイヤ圧力センサーを大幅増産へ

ニュース ] 2005/09/09(金)

独Infineon,タイヤ圧力センサーを大幅増産へ

独Infineon Technologies AGは,自動車のタイヤ空気圧を監視するための圧力センサーを大幅に増産する。2004年に500万個だった量産個数を2005年に1500万個,2006年に3000万個にする計画である。


同社の圧力センサーは,バルク・マイクロマシニング技術によって製造する。深掘りのエッチング技術によってSi薄膜を形成し,このSi薄膜で圧力変化を検出する構成を採った。圧力変化に伴う薄膜のひずみをピエゾ抵抗素子で検出する。製品によっては,マイコンを内蔵しているが,圧力センサー部と同一チップに集積せず,SiP技術によって1パッケージ化している。


いいねぇ、こういう奇をてらわない現実的なプロセス。低コストで作れる上にさらに歩留まりが高くなるんで、結果的に非常に安くできるんだよね。
とはいえ程良く難しいプロセスなので新規参入はしにくいし。当分は安泰かな。

Sensor News Japan

03:27 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【続報】「おそらく最先端の圧力センサ」,オムロン ヘルスケアの血圧脈波検査装置に搭載

開発 ] 2005/09/08(木)

【続報】「おそらく最先端の圧力センサ」,オムロン ヘルスケアの血圧脈波検査装置に搭載

「脳梗塞」「心筋梗塞」など循環器系疾患の進行具合を把握する指標「AI値」の計測に向け,オムロン ヘルスケアの血圧脈波検査装置「HEM-9000AI」を発売した(発表資料Tech-On!関連記事)。手首に巻き付けるセンサ・ユニットで簡単に脈の動きを計測するために,同社は従来と同等の感度ながら素子の大きさを1/25まで小型化した圧力センサを開発し,センサ・ユニットに搭載した。


オムロン脈波装置の続報。圧力センサについて詳しく書かれている。
僕はプロセス屋なので、記事中の以下の文章が気になった。

0.2mm角と狭めた寸法の中で感度1/100mmHgを実現するため,Siダイヤフラムを「従来よりもかなり薄くした」(オムロンヘルスケア)。ダイヤフラムをたわみやすくしたというわけである。Siダイヤフラムは,Si基板を表面方向から裏面方向に向かってエッチングして形成する。Si基板を垂直方向に掘り込み,裏面に薄く残したSi部分をダイヤフラムとして使う。今回はこの残った部分の厚さが従来よりも薄い。同社はあらかじめ薄いSi基板を使ったり,エッチング量を正確に管理したりすることで,薄いSiダイヤフラムを形成できるようにした。


どうやって作ってるんだろう。すげー、気になる。
薄く残したSi部分という言い方からDRIEじゃなさそうだし、KOHを使うとしたら0.2mm角では小さすぎるし……
だめだ、降参。論文発表に期待しよう。

あと、もうすぐ1000Hit。来ていただいたみなさんありがとう。

Sensor News Japan

08:20 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

超音波で物体の3次元データを検出するMEMSアレイ・センサーを開発

開発 ] 2005/09/06(火)

超音波で物体の3次元データを検出するMEMSアレイ・センサーを開発

プロアシストは,超音波を利用して物体の3次元データを検出する超音波アレイ・センサーを,第27回真空展で展示した。空気中に超音波を照射し,物体に当たって跳ね返った反射波を,MEMS(micro electro mechanical systems)技術により加工したアレイ状のセンサーが受信し,信号処理する。今回の試作品で得られる3次元データは15画素(縦)×15画素(横)× 30画素(奥行き)と粗いが,人の動きや,寝ているか起きているかの違いなどを検出できるという。2006年1~2月にサンプル出荷を開始する計画である。


デバイスとしても生産技術としても面白そうなセンサが発表されたね。要注目。

ちなみにTech-On! MEMS Internationalが正式公開になった影響からか記事が多すぎて、なかなか新着記事に追いつけません。ごめんなさい。

Sensor News Japan

02:57 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

携帯電話機1台当たりのMEMSデバイスは何ドルになるか

ニュース ] 2005/09/06(火)

携帯電話機1台当たりのMEMSデバイスは何ドルになるか

携帯電話機には,どのようなMEMSデバイスがどれくらいの規模で搭載されるのか。MEMS関連の調査会社,仏YOLE Developppement社は,2008年に1台当たり6米ドルのMEMSデバイスが搭載されると予測する。


答えは6米ドルだそうです。
と言われてもねぇ。

Sensor News Japan

02:39 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

オムロンヘルスケア,血圧脈波を正確に測定可能な検査装置を開発

新製品 ] 2005/09/05(月)

オムロンヘルスケア,血圧脈波を正確に測定可能な検査装置を開発

オムロンヘルスケアは2005年9月7日,循環器系疾患の指標である「AI(Augmentaion Index)値」を簡単に計測できる血圧脈波検査装置「HEM-9000AI」を発売する。手のひら側の手首部分にある,とう骨動脈の波形からAI値を算出する。

手首に押し付ける圧力センサは7×15mmの大きさで, 40チャネルを1チップ化したものを新開発した。このため,多少位置がずれても計測に最適なセンサを自動的に選択できる。押し付ける力も,センサから得られる波形から自動調整される仕組みだ。


オムロンから発売される血圧脈波検査装置の記事。圧力センサを多数配置して自動的に計測に最適なセンサを選択するのが特徴。またAI値とは血液の硬さを表す一つの基準で、測定には医師による特殊な技術が必要だったそうだ。
1,575,000円で年150台の販売を目指す。くしくも「wakamaru」と同じ値段だね。

Sensor News Japan

06:58 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ソニー,MEMS専用ラインを新設へ

ニュース ] 2005/09/02(金)

ソニー,MEMS専用ラインを新設へ

ソニーが,MEMSデバイス専用の量産ラインを新設する。デジタル・カメラやビデオ・カメラなどに搭載する手ブレ防止用ジャイロ・センサー(角速度センサー)向けである。

新規ラインは,ソニーの製造子会社であるソニー宮城に設置する。量産規模は,当初20万個/月を計画している。需要に合わせて量産開始から1年以内に 100万個/月の規模に拡大する意向である。ジャイロの最大ユーザーである自社のセット部門に加え,他社へも売り込み,早期に100万個/月以上の量産個数を確保する。


先日の記事でも触れたとおりジャイロの外販に対して疑問を抱いていたが、新規に工場を設置するとなると確かに外販しないとペイしない。この記事を読んで少しは納得した。
ただ、月産100万個程度であればクリーンルームを新設するほどの利益が出るとは思えず、磁気ヘッドの製造ラインを流用して工場を構築するのではないか。総投資額は多くても十数億円とみた。

他人の台所事情を詮索するのは楽しいね。

Sensor News Japan

08:20 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

MEMSによるSiマイクを米社が大幅増産,2006年に1500万個/月へ

ニュース ] 2005/09/02(金)

MEMSによるSiマイクを米社が大幅増産,2006年に1500万個/月へ

同社は,自社設計によるSiマイクのウエーハの製造をソニー国分に委託し,自社設計の信号処理LSIも半導体メーカーに製造委託している。これらを自社工場で組み立て,最終検査の上,出荷している。2003年7月の量産開始時は,イリノイ州の本社工場のみで200万~300万個/月で量産し,2004年7 月に中国・蘇州工場を立ち上げた。現在はこの2工場体制で量産を続けている。


ノウルズのSiマイク増産の記事。
ECMは部材中に樹脂製のダイヤフラムがあるためリフロー炉に入れることができないという欠点があるが、Siマイクではそれが無く実装工程の低コスト化が可能だ。
記事中にはデバイスの詳細な写真も掲載されており必見。開発時のサンプルだとは思うが、Siマイクの冗長な設計が羨ましい。

Sensor News Japan

08:03 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

Bosch社、バッテリ容量をモニターする小型センサを開発

開発 ] 2005/09/01(木)

Bosch社、バッテリ容量をモニターする小型センサを開発

ドイツBosch社は、車載バッテリの容量をモニターする小型センサ(EBS:Electronic Battery Sensor)を開発したと発表した。バッテリが上がってしまうことで起きる故障を、未然に防ぐことができるという。


最近の車は機械というよりも電気製品なので、今まで無かったのが不思議なくらいのデバイスだね。これはぜひ普及して欲しい。

Sensor News Japan

07:04 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP



| このページの先頭へ |

サイト内検索

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自己紹介

名前 : ヒデト(山下秀人)
ウェアラブル"幸せ"センサ開発を目指す技術者
専門はMEMSプロセス屋

センサ情報は下記メールアドレスまで
sensornews@yamashita.bz
お待ちしております
RSSフィード : RSS
テクノラティプロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。