Sensor News Japan

たぶん日本初! センサ情報専門ニュースサイト

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sensor News Japan

--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ダイナミック・レンジは95dB,池上からPixim社の撮像素子を使った監視カメラ

新製品 ] 2005/10/29(土)

ダイナミック・レンジは95dB,池上からPixim社の撮像素子を使った監視カメラ

池上通信機は,ダイナミック・レンジが標準で95dBと広い監視カメラ「ISD-A10」を,2005年11月に米国を中心とした海外で発売する。監視カメラのダイナミック・レンジは通常60dBほどである。レンズ部を除いた外形寸法は64mm×64mm×63mmと小ぶり。対応電源を交流+24Vと直流+12Vに限るなどして小型化した。同社は実売価格を明かさないものの「監視カメラを価格帯で3つに分けたとしたら真ん中に位置する機種」という。

「CMOSセンサで撮った画像は,どうしてもCCDに比べて色の濃さ(クロマ・レベル)が不足しがち。そこで,Pixim社と共に画像処理LSIで実行する演算のパラメータを見直したほか,監視カメラから映像を出力するときに実行するD-A変換の雑音を抑えるなどした」(池上通信機)。


撮像素子はCCDからCMOSへ急速に移行しているな、と感じさせる記事。監視カメラもCMOSかよ。
スポンサーサイト

Sensor News Japan

08:38 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ZigBee対抗技術「KillerBee」,ミツミ電機が送受信モジュール開発へ

ニュース ] 2005/10/29(土)

ZigBee対抗技術「KillerBee」,ミツミ電機が送受信モジュール開発へ

米Jaalaa,Inc.は,同社が提唱する無線通信技術「KillerBee」の送受信ICを,ミツミ電機が採用することを明らかにした。ミツミ電機は,Jaalaa社の「KillerBee XR」を使った無線通信モジュールを開発する。電子プライス・タグなどの用途に向ける。


一応ピックアップ。たぶん消えゆく運命にあると思っているのだが。

Sensor News Japan

08:00 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】エプソントヨコム,練習用パターなどジャイロセンサ搭載製品を出展

新製品 ] 2005/10/28(金)

【CEATEC】エプソントヨコム,練習用パターなどジャイロセンサ搭載製品を出展

エプソントヨコムは,ジャイロセンサ「XV-3500CB」を搭載した練習用ゴルフパターなど3製品をCEATEC JAPAN 2005会場に出展した。XV-3500CBは水晶をセンサ素子に採用した小型ジャイロ。デジタルカメラの手ぶれ防止などに利用される。参考出展した練習用ゴルフパター「DIXX-blu」は韓国Infinics社の製品で,X,Y,Z方向にそれぞれ一つずつの計3個のジャイロを搭載する。

実際にゴルフボールをパッティングすると,その時のスイングの軌跡や速度,インパクトの大きさなどのデータがパターに取り付けられた液晶画面上に表示される。このデータを見て自分のパッティングを補正するわけだ。韓国では2005年11月に,日本では2006年3月頃に発売の予定。

20051028015055.jpg 20051028015149.jpg

エプソントヨコムの水晶ジャイロセンサの応用例。コンパニオンの脚の細さは必見。
ただ水晶ジャイロの最大の特長は感度が良いことなので、もっと小さな動きを検出する用途に用いてもらいたい。

Sensor News Japan

02:43 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】オムロンが顔認識ソフトの新版を展示,ハードウエア版も投入へ

開発 ] 2005/10/28(金)

【CEATEC】オムロンが顔認識ソフトの新版を展示,ハードウエア版も投入へ

オムロンは,デジカメや携帯電話機などに向けた顔認識ソフトウエア「OKAO Vision 顔認識センサ V2」を「CEATEC JAPAN 2005」で展示した。顔認識に要する時間を,従来,同社が発売していた「OKAO Vision V1」の1秒と比べて,0.6秒に短縮した。画像の中から,顔画像を検出する処理のアルゴリズムを工夫することで高速化したという。

顔認識ソフトウエアとは別に,同アルゴリズムをハードウエアの演算回路として実装したIPコア「OKAO Vision 動画像検出センサ IPコアモジュール」も展示した。デジカメなどで,ファインダー内の画像から顔画像を検出することで,露出や焦点を顔に合わせるといった用途に向ける。こうした機能は,既にニコンが商品化しているが,オムロンの今回の製品は「毎秒30フレームで高速に検出できるのが売り」とする。

IPコアの論理回路部の規模は35万ゲートである。ただし,論理回路以外にRAM領域として16Kバイト,顔画像の特徴に関するルールなどを格納するために100Kバイトのメモリがそれぞれ必要である。入力画像は8ビット・グレースケールのQVGA。認識する顔画像の最小サイズは20ピクセルである。 150MHz動作時に,20ピクセルの顔画像を約33msで検出できる。「デジカメなどで子供を取るなど,動きの速い被写体の場合は,こうしたハードウエアによる高速な顔検出が生きてくるはず」(同社の説明員)とする。


ついこの間子供の運動会があったので↑が実感できます……
(´・ω・`) うまく撮れなかった……
ついでですが(←おい)顔認証技術は非常に応用範囲が広く注目しておくべき技術だと考えている。その中でもオムロンは今回の発表で頭一つ抜け出した気がする。

Sensor News Japan

00:03 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ITmedia +D モバイル:5Mピクセルの携帯カメラモジュール続々

ニュース ] 2005/10/23(日)

ITmedia +D モバイル:5Mピクセルの携帯カメラモジュール続々

2006年に向けて5Mピクセルのカメラモジュールが各社から投入されそうだ。ハイエンドでもCCDからCMOSへの交代が始まりつつある。


先にCCD不具合関連のニュースをアップしたが、それ以前にもCMOSセンサへの移行を示唆する内容の記事が出されている。その一つがこれ。

Sensor News Japan

15:22 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】NTTドコモが指輪型の骨伝導ハンドセットを参考出展:IT Pro

開発 ] 2005/10/23(日)

【CEATEC】NTTドコモが指輪型の骨伝導ハンドセットを参考出展:IT Pro

10月4日から8日にかけて幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の「CEATEC JAPAN 2005」において,NTTドコモが指輪型の骨伝導ハンドセット「Yubi-Wa」を参考出展。訪れた来場者の注目を集めている。

Yubi-Waは,Bluetoothのハンドセット・プロファイルに対応したハンドセット。Bluetooth機能を搭載する携帯電話と接続して利用する。Yubi-Waを装着した指を自分の耳に挿入することで,骨伝導を用いて通話できる仕組みだ。過去にドコモは腕輪型の骨伝導ハンドセットを参考出展したことがあるが,今回のYubi-Waでは新開発した耐振動性マイクを使うことで大幅に小型化した。


小型化の流れは理解できる。腕輪の次は確かに指輪だ。でもな、

Yubi-Waを装着した指を自分の耳に挿入することで,骨伝導を用いて通話できる

っていう仕様はありえねー。

Sensor News Japan

03:29 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】FDKが光導波路型のSPRセンサーを展示,小型化と多チャンネル化でバイオ用途狙う

開発 ] 2005/10/23(日)

【CEATEC】FDKが光導波路型のSPRセンサーを展示,小型化と多チャンネル化でバイオ用途狙う

FDKは10月4日から開催中の「CEATEC JAPAN 2005」に,生体物質や工業用流体の測定向けに開発中の,光導波路型の表面プラズモン共鳴(SPR:surface plasmon resonance)センサーを出展した。

FDKが開発を進めている光ファイバで光を導く導波路型は,すでに製品化されているプリズムで光を導くSPRセンサーに比べて小型化しやすい。さらに,導波路を分岐させて多チャンネル化し個々のチャンネルに金属電極を設けることで,試料が含有する複数の物質を一度に同定できるメリットがある。


SPRセンサといえばどうしてもあのプリズム形状が頭に浮かぶが、FDKが光導波路型SPRセンサを発表してきた。バイオセンサとして使用されることがほとんどなので、多チャンネル化できるのは大きなメリットである。
イオン交換法で導波路を作成したりマイクロレンズを使うのは、なんとなく伊賀健一先生を思い出してしまうね。

Sensor News Japan

03:13 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】「ハードディスクムービーに搭載」,日立金属が3軸加速度をアピール

開発 ] 2005/10/22(土)

【CEATEC】「ハードディスクムービーに搭載」,日立金属が3軸加速度をアピール

日立金属は,「CEATEC」で同社の3軸加速度センサー「H34Cシリーズ」が日本ビクターのデジタル・ビデオ・カメラ「ハードディスクムービー」に搭載されていることをアピールしていた。


最薄3軸加速度センサ関連。でもまだまだアピール不足だと思うぞ。

Sensor News Japan

04:58 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】「骨」ではなく「肉」伝導マイクロホン,ミツミ電機が展示

開発 ] 2005/10/22(土)

【CEATEC】「骨」ではなく「肉」伝導マイクロホン,ミツミ電機が展示

骨伝導マイクロホンに比べた利点は,音声増幅の負荷が少ないことである。骨よりも皮膚の表面を伝わる振動の方が大きいためという。展示した肉伝導マイクロホンの外形寸法は直径16mm×厚さ5.0mm。質量は1.2gである。動作電圧が+3Vのときの消費電流は500μA以下。


肉の方がノイズが乗ったり減衰したりしそうな気がするが、大丈夫なのだろうか。

Sensor News Japan

04:43 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】「これでHDDに内蔵可能」,10mm3未満の3軸加速度センサーがついに登場

開発 ] 2005/10/20(木)

【CEATEC】「これでHDDに内蔵可能」,10mm3未満の3軸加速度センサーがついに登場

体積が10mm3を切った3軸加速度センサーがついに登場した。北陸電気工業が「CEATEC」に展示した。外形寸法が3mm×3mm×1mmであり,体積は9mm3である。「HDD(ハード・ディスク装置)メーカーが,HDDに3軸加速度センサーを内蔵できる体積の上限値の10mm3を初めて切った」(北陸電気工業)。


世界最小(ちなみに最薄は日立金属)の加速度センサが北陸電気工業から発表された。加速度センサ内蔵HDDはみんなが待ち焦がれた製品なので、ぜひ早く商品化してほしい。

Sensor News Japan

04:33 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】富士通,従来比で体積1/4の手のひら静脈認証センサ出展

開発 ] 2005/10/20(木)

【CEATEC】富士通,従来比で体積1/4の手のひら静脈認証センサ出展

富士通は,同社現行品を大幅に小型化した手のひら静脈認証センサを出展している。手のひら静脈認証センサは,手のひらに近赤外線を照射し,その際に網目のように現れる静脈パターンを読み取る。読み取ったパターンは本人認証に利用する。非接触なうえ,指紋認証に比べて認証精度が大幅に高い。東京三菱銀行など複数の銀行がATM端末などに採用したことで,注目が集まっている。


日立は指静脈だったが、富士通は手のひら静脈認証センサを小型化して発表した。
元記事の「より広角に対応できるレンズの採用」という物言いから、非球面レンズか異常分散レンズを採用したと見たがどうか。

Sensor News Japan

04:02 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CCD不具合続報】コニカミノルタは10機種,リコーは6機種,三洋とカシオは「不具合なし」

CCD不具合 ] 2005/10/13(木)

【CCD不具合続報】コニカミノルタは10機種,リコーは6機種,三洋とカシオは「不具合なし」

コニカミノルタは,同社のデジタル・カメラ10機種について,CCDを原因とする不具合が発生する可能性があると発表した(ユーザーへのお知らせ)。該当する機種の出荷台数は全世界で計70万台である。同じくリコーもデジタル・カメラ6機種について不具合の発生を明らかにした(ユーザーへのお知らせ)。該当する機種の出荷台数は明らかにしていない。


とうとうコニカミノルタやリコーまで飛び火してしまった。これら3社が連休明けまでずれ込んだ背景には、CCDを購入しているメーカには情報が少し遅れて届いたからであろう。
でもこの記事で注目すべきは後半部分。

他の主要デジタル・カメラ・メーカーのうち,三洋電機とカシオ計算機は現時点で「該当するような不具合はない」としている。


この2社で使っているCCDは実装をおそらくカシオ(か関連子会社)で行なっており、今回の不具合騒動に巻き込まれなかったのだろう。

生産工程の改善活動はどんなメーカでも日々実践しているだろうが、詰めを怠ると痛い目を見ることを思い知らせてくれた、とてもいい失敗事例だった。

Sensor News Japan

04:06 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CCD不具合続報】ニコンにもCCD不具合が飛び火,COOLPIX3機種で

CCD不具合 ] 2005/10/13(木)

【CCD不具合続報】ニコンにもCCD不具合が飛び火,COOLPIX3機種で

ニコンは,同社のデジタル・カメラ「COOLPIX 5700」「COOLPIX SQ」「COOLPIX 3100」の一部に不具合が発生する可能性があると発表した(ユーザーへのお知らせ)。画像が異常な色になる,画像が映らない,画像が乱れるなどの症状が現れる。同社は,不具合が確認できた製品について無償修理を実施する。

不具合の原因は,CCDが時間経過と共に接合不良を起こすこと。症状や発生原因,製品の発売時期からみて,今回の不具合もソニー,富士写真フイルム,日本ビクター,キヤノンの製品で発生したCCDの不具合と同一の原因である可能性が高い。


ニコンにも飛び火したが、ニコンはCCDを外部調達しているため当然といえば当然である。

Sensor News Japan

03:51 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CCD不具合続報】キヤノンもCCD不具合を発表,なぜCCDの配線は外れたのか

CCD不具合 ] 2005/10/13(木)

【CCD不具合続報】キヤノンもCCD不具合を発表,なぜCCDの配線は外れたのか

キヤノンは,同社のデジタル・カメラおよびデジタル・ビデオ・カメラのCCDの一部に不具合があると発表した(ユーザーへのお知らせ)。撮影画像が乱れる,または映らないなどの症状が現れることがある。

ソニー,日本ビクター,富士写真フイルム,キヤノンと,連鎖的に広がるCCDの不具合。相互の関連性はいまだに明らかになっていないが,ある技術者は「2003年ころにCCDメーカーに広く普及していた,硬化速度が速い紫外線硬化樹脂が関連しているのでは」と語る。

CCDは,撮像部を包む中空構造の樹脂製パッケージの上にガラスを張り付けた構造をとる。このときパッケージとガラスを張り付ける接着剤に用いるのが紫外線硬化樹脂である。関係者の話を総合すると,今回のCCDの不具合は以下のようなメカニズムで起きたのでは,と推測できる。まず,接着面がわずかに剥がれて外気に触れると,外気に含まれる水蒸気が紫外線硬化樹脂に含まれるヨウ素化合物と結合し,金属を腐食させるガスを発生させる。このガスが撮像部のボンディング・ワイヤに到達し,接合部の合金を腐食させてしまう。


さらにはデジカメ首位のキヤノンまで飛び火してしまった。
この記事では接着剤が原因のような書き方をしているが、そもそもの原因は合金をうまく形成できないワイボン条件のミスであり、新規接着剤の普及のみが原因で各社に同じ不良が一斉に発生することは考えにくい。
つまりこれは実装工程を受け持っている会社が1社であると考えるのが妥当である。その会社の生産性向上活動の一環としてワイボン条件を変更(おそらく時間短縮)し、合金がうまく形成されずにそこから腐食したのだろう。

Sensor News Japan

03:48 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

日本ビクター,富士写真フイルムもCCDに不具合

CCD不具合 ] 2005/10/13(木)

日本ビクター,富士写真フイルムもCCDに不具合

ソニーがCCD撮像素子の不具合を発表したのに続き(Tech-On!関連記事),日本ビクターと富士写真フイルムも相次いでCCD撮像素子の不具合を発表した(ユーザーへのお知らせ:日本ビクター富士写真フイルム)。撮影できない,または撮影した画像が乱れるなどの症状が現れる。両社は,これらの症状が出た製品について無償で修理を行う。これらの不具合が相互に関連するかどうかについては,3社とも明らかにしていない。


実装工程の生産技術に関するリコールだったのでソニー単発の不具合だと思っていたら、なぜか他に2社からリコールの報告があった。
こういった場合、同じ会社からのOEM供給である場合が多いのだが、富士のハニカムCCDがリコール対象なだけに話がややこしくなってくる。実装工程だけ外注しているのだろうか。

Sensor News Japan

03:35 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

ソニーのCCDに不具合,デジカメから業務用ビデオ・カメラまで対象機種は100を超す

CCD不具合 ] 2005/10/13(木)

ソニーのCCDに不具合,デジカメから業務用ビデオ・カメラまで対象機種は100を超す

ソニーは,同社が製造するCCD撮像素子の一部に不具合があり,このCCDを搭載する製品で「ファインダや液晶表示部に画像が出ない,撮影できない,画面が乱れる」などの症状が現れる可能性があることを明らかにした(ユーザーへのお知らせ)。

不具合の舞台となったのは,ソニー セミコンダクタ九州のあるCCD撮像素子製造ラインだった。そのラインの生産性を高めるために製造工程の改良を進める中で,ワイヤ・ボンディング装置の設定を変更した。この結果,ワイヤと電極の接合力が従来より弱くなったという。

このワイヤの接合面をさらに劣化させたのが,CCD撮像素子のガラスとパッケージを接合するのに用いた接着剤である。一般にCCD撮像素子は,CCDを包む中空構造の樹脂製パッケージの上に,可視光を透過するガラスをかぶせて接合した構造となっている。このガラスとパッケージを接合する接着剤に使っていたヨウ素化合物が気化し,パッケージの中空部からワイヤの接合部に到達,接合面の合金を腐食させたという。パッケージ内に中空構造を持ち,かつガラスの接着が必要なCCD撮像素子ならではの不具合といえる。「ヨウ素化合物の接着剤は,業界では一般に使われている。今回のケースでは,ワイヤと電極の接合部が弱くなっていたため,特に製造バラつきで接合力が十分でなかったワイヤが時間の経過と共に外れてしまった」(ソニー 広報部)。


突如として業界全体に広がってしまったCCDのボンディング不具合。今日はTech-On!に掲載された関連ニュースをまとめてアップする。
まずは発端となったソニーのリコール記事。ボンディング条件の変更で接合界面に弱い部分ができてしまい、接着剤の気化した成分と反応して腐食が進行したようだ。

Sensor News Japan

03:26 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

生体認証の上手な使い方

ニュース ] 2005/10/07(金)

生体認証の上手な使い方:IT Pro

なぜ高セキュリティだと言い切れないのか。それは,いずれの方式にせよ,生体情報を使うがゆえの弱点があるからだ。特に,(1)誤認証がゼロではない,(2)なりすましが可能,(3)生体データは生涯不変,という三つが問題だ。


全体にツッコミどころ満載の記事だ。しかし、生体データは生涯不変なので盗まれたときのダメージが大きいということを指摘している点は好感が持てる。
生体認証技術の健全な発展のためには妙に不安感を煽るのではなく、いろいろな機器へ搭載しながらセキュリティレベルを徐々に高めていって欲しい。

Sensor News Japan

03:29 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

これからは指静脈の時代? 日立が小型認証装置開発

開発 ] 2005/10/07(金)

@IT:これからは指静脈の時代? 日立が小型認証装置開発

今回、日立製作所が開発に成功した指静脈認証装置は、奥行き39ミリ、幅34ミリ、高さ15ミリで容積19.89ccを実現。従来の同社がリリースしていた製品で最も小さかったもの(PC向け指静脈認証ログイン装置)が容積約0.41リットルだったことから、約20分の1の小型化に成功した。小型化のポイントは、「光学方式を変更して上部にはみ出していた構造物を取り除くことに成功した点」(宮武氏)だという。

指静脈認証装置

これは技ありの開発事例。反対側から光を入射させることに囚われているとこの小型化は思いつかないはずだ。
拡散反射光を利用する場合、検出器に入る正反射光成分の除去が難しいため、今後のさらなる小型化を目指す際には光源の配置が課題になるだろう。

Sensor News Japan

03:13 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

パイオニア、空中に絵を描ける立体映像ユーザーインターフェイス

開発 ] 2005/10/06(木)

パイオニア、空中に絵を描ける立体映像ユーザーインターフェイス

パイオニアは、空中に文字や絵を描いたり、空中に浮かんだパソコンのウィンドウを操作しできる立体映像ユーザーインターフェイス「フローティングインターフェイス」を新たに開発した。

センサーに囲まれた空間(バーチャルスクリーン)上で指先を動かすことで、あたかも指先を絵筆に見立てて空中に文字や絵を描いているようなリアリティを実現した。これまでにない、不思議で幻想的な感覚を体験できる。

原理図

パイオニアは以前からマイクロレンズを用いた立体映像を開発・発表しているが、今回はセンサを付加して非常に面白い装置に仕上げてきた。
本発表では15インチの試作に成功した、とあるが、現在学会で発表されているマイクロレンズアレイの中では最大サイズなので、今後は大きい3D用レンズの開発がネックになっていくのではないか。

追伸:画像を付けてみましたがどうでしょうか?

Sensor News Japan

07:56 | トラックバック(*) | コメント:3 | 先頭 | TOP

村田製作所,DMFC向けに小型・高精度のメタノール濃度センサを開発---ノートパソコンなどを視野に

開発 ] 2005/10/05(水)

村田製作所,DMFC向けに小型・高精度のメタノール濃度センサを開発---ノートパソコンなどを視野に

このセンサは,超音波の伝播(でんぱ)速度がメタノール溶液の濃度に応じて変化する原理を応用したもの。メタノール溶液中に超音波を発してから受けるまでの時間を利用してメタノールの濃度を割り出す。そのために,送信波形に残響が生じないインパルス波形を送受信できる「インパルス超音波トランデューサ」を開発した。これにより,常温におけるメタノール濃度の分解能を0.1質量%まで高めた。


すごい原理のセンサだな。でも分解能0.1%とは実力はなかなかのもの。

Sensor News Japan

03:04 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

山武,熱式の渦流量計分野に参入

新製品 ] 2005/10/05(水)

山武,熱式の渦流量計分野に参入

山武は,ガス用渦流量計「マイクロフロー式渦流量計MVFシリーズ」を開発し,2005年9月27日より正式に販売を開始した。熱式の渦流量計は同社初めて。


低流量、低圧域が測定できることが特徴。

Sensor News Japan

01:13 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

エプソンと東洋通信機の水晶統合会社、「2007年度に1000億円を目指す」 (2005/09/30)

ニュース ] 2005/10/04(火)

エプソンと東洋通信機の水晶統合会社、「2007年度に1000億円を目指す」 (2005/09/30)

統合会社で扱う製品群は大きく3つ。(1)水晶振動子や水晶発振器などの「タイミング・デバイス」、(2)光学ローパス・フィルタ(OLPF)や光ピックアップ部品などの「オプト・デバイス」、(3)ジャイロ・センサー(ジャイロスコープを使った角速度センサー)や温度センサー、圧力センサーなどの「センシング・デバイス」である。それぞれが売り上げに占める割合は、「統合当初は90%がタイミング・デバイスで、残る10%がオプト・デバイス。つまりセンシング・デバイスはほぼゼロである。これを2007年ころまでに数%に高める」(加々美氏)。モジュール品としては、「水晶発振器と角速度センサー、光学部品を組み合わせたデジタル・カメラ向け製品などが考えられる」(エプソントヨコムの代表取締役専務で開発技術を統括する宮澤要氏)という。


エプソンと東洋通信機の合併関連。センサの売り上げ比率を高めるとのこと。

Sensor News Japan

04:31 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATECプレビュー】タッチ・パネル機能を集積した液晶パネル,東芝松下ディスプレイテクノロジー

ニュース ] 2005/10/04(火)

【CEATECプレビュー】タッチ・パネル機能を集積した液晶パネル,東芝松下ディスプレイテクノロジー

TMDは先日,光ペンによる入力機能を集積した液晶パネルの開発を発表したばかり(Tech−On!関連記事2)。これは,光が当たった場所を認識する仕組みである。これに対し今回のパネルは,指で触れた部分だけ外光が遮られて陰になるという変化を感知するという違いがある。これと合わせて,ガラス面に触れた指によって,液晶パネルの背面から照らされるバックライト光が反射することも感知する。


この記事を読む限り検出した信号を微分していることは間違いないが、空間か時間かが不明。どなたか詳細を教えてください。
CEATEC行けないからね。(´・ω・`)

Sensor News Japan

04:26 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

Siマイクの米社が「MIPI」に参加,携帯電話機への搭載狙う

ニュース ] 2005/10/04(火)

Siマイクの米社が「MIPI」に参加,携帯電話機への搭載狙う

Siマイクを開発している米Akustica, Inc.が,携帯電話機のデバイス仕様の標準化を進めている業界団体「MIPI(Mobile Industry Processor Interface) Alliance」に参加した。MIPIは,フィンランドNokia Corp.,英ARM Ltd.,米Texas Instruments Inc.など,有力な携帯電話機関連企業が中心になって設立した業界団体である。携帯電話機向けデバイス開発に大きな影響力を与える可能性が高い。Akusticaは,MIPI Allianceへの参加でSiマイクを携帯電話機に早期に普及させる狙い。


Knowlesかと思いきやSiマイクを開発しているAkusticaという会社らしい。

Sensor News Japan

02:47 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

日立製作所,光の位相を精密に計測する技術を開発

開発 ] 2005/10/04(火)

日立製作所,光の位相を精密に計測する技術を開発

日立製作所は,光信号の振幅や位相の時間変化を精密に計測する技術を開発した(発表資料)。これで,電気信号の変調技術に比べて開発が遅れていた,光の位相変調技術が飛躍的に進展することが期待できる。同社は今回の技術を,スコットランドのグラスゴーで開催中の光通信技術の国際会議「ECOC 2005」(2005年9月26日~29日)で発表する。


記事を読んだだけでは原理がまったく理解できなかった。でもこの技術すげぇよ
こういった純学術的だが実用的な研究はさすが日立中研だ。光の多値変調技術が進展することを期待する。

Sensor News Japan

02:43 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATECプレビュー】東芝,320万画素で1/2.6インチ型のCMOSセンサ

開発 ] 2005/10/04(火)

【CEATECプレビュー】東芝,320万画素で1/2.6インチ型のCMOSセンサ


今日からCEATEC。センサ関係の会社もたくさん出展するので見に行けばいいんじゃないかな。てゆーか見に行きたいな。
……羨ましくなんかないやいっ。←今年は行けない

Sensor News Japan

02:35 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【福祉機器展】日立製作所など,身体を動かせない人と意思疎通を図るための装置を開発

開発 ] 2005/10/03(月)

【福祉機器展】日立製作所など,身体を動かせない人と意思疎通を図るための装置を開発

日立製作所など3法人は,脳の働きは正常だが身体は全く動かすことのできないALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis)患者向けに,問い掛けに対するYes/Noを判定するための装置「心語り」を開発し,第32回国際福祉機器展(H.C.R.2005)に出展した。ALS患者と介護者などが意思疎通を図るための用途だけでなく,既存の家電と組み合わせることで,ALS患者が一人で家電を使いこなせるようにするといった用途も考えられる。


この機器を用いることでALS患者が意思表示できるようになれば嬉しいね。特に介護者の励みになるよね。

Sensor News Japan

04:53 | トラックバック:2 | コメント(*) | 先頭 | TOP

ITmedia +D LifeStyle:タッチセンサー付シャッターと超大型液晶が面白い──三洋「DSC-E6」

新製品 ] 2005/10/03(月)

ITmedia +D LifeStyle:タッチセンサー付シャッターと超大型液晶が面白い──三洋「DSC-E6」 (1/5)

DSC-E6のもうひとつの特徴「タッチセンサー付シャッター」も、「半押しがうまくできない」、あるいは「半押しという作業を知らない」人向けにつけられたものだ。

普通、AF付カメラで撮影するときは、「シャッターボタンに触れる」→「半押ししてAFロック」→「タイミングを見計らって押し切る」だが、タッチセンサーをonにすると、「シャッターボタンに触れるとAFロック」→「半押しでシャッターを切る」と1段階速く動作させられるのだ。


いわゆる初心者が躓きやすいデジカメの操作が「シャッター半押し」である。ちなみにPCの操作では「ダブルクリック」がそれに相当する。
そんな世の中に疎まれそうな世代にオススメなのがこのデジカメである。なんとシャッターにさわるだけであの半押しと同じことができる夢のようなデジカメだ。これでぼけやすいツーショット写真でも大丈夫。
もちろん今までどおり半押しも可能。販売店側には売りやすい商品かもしれないね。

Sensor News Japan

01:10 | トラックバック:1 | コメント:3 | 先頭 | TOP

【生体認証技術】指紋センサーは暗証番号との併存がボトルネックに?(大谷周作)

ニュース ] 2005/10/02(日)

【生体認証技術】指紋センサーは暗証番号との併存がボトルネックに?(大谷周作)

今春、個人情報保護法が施行され、事業者はもちろん、個人レベルでも情報漏洩(ろうえい)対策への認識が高まっている。携帯電話では指紋認証機能の搭載など「セキュリティー対応」を謳(うた)った機種も登場し始めた。個々の認証技術の精度は高いものの、暗証番号の並存など、セキュリティー機能を生かしきるためには事前に押さえておくべきポイントもありそうだ。


自分でも執拗に追っている自覚はある生体認証技術関連の解説記事。生体認証技術のセキュリティは高いが暗証番号などのセキュリティ強度が低いものと組み合わせて使っている限り安全性は高まらない(から暗証番号をわかりにくくしろ)、という至極当然の結論を導いている。

Sensor News Japan

23:51 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP



| このページの先頭へ |

サイト内検索

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自己紹介

名前 : ヒデト(山下秀人)
ウェアラブル"幸せ"センサ開発を目指す技術者
専門はMEMSプロセス屋

センサ情報は下記メールアドレスまで
sensornews@yamashita.bz
お待ちしております
RSSフィード : RSS
テクノラティプロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。