Sensor News Japan

たぶん日本初! センサ情報専門ニュースサイト

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sensor News Japan

--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP

【CEATEC】オムロンが顔認識ソフトの新版を展示,ハードウエア版も投入へ

開発 ] 2005/10/28(金)

【CEATEC】オムロンが顔認識ソフトの新版を展示,ハードウエア版も投入へ

オムロンは,デジカメや携帯電話機などに向けた顔認識ソフトウエア「OKAO Vision 顔認識センサ V2」を「CEATEC JAPAN 2005」で展示した。顔認識に要する時間を,従来,同社が発売していた「OKAO Vision V1」の1秒と比べて,0.6秒に短縮した。画像の中から,顔画像を検出する処理のアルゴリズムを工夫することで高速化したという。

顔認識ソフトウエアとは別に,同アルゴリズムをハードウエアの演算回路として実装したIPコア「OKAO Vision 動画像検出センサ IPコアモジュール」も展示した。デジカメなどで,ファインダー内の画像から顔画像を検出することで,露出や焦点を顔に合わせるといった用途に向ける。こうした機能は,既にニコンが商品化しているが,オムロンの今回の製品は「毎秒30フレームで高速に検出できるのが売り」とする。

IPコアの論理回路部の規模は35万ゲートである。ただし,論理回路以外にRAM領域として16Kバイト,顔画像の特徴に関するルールなどを格納するために100Kバイトのメモリがそれぞれ必要である。入力画像は8ビット・グレースケールのQVGA。認識する顔画像の最小サイズは20ピクセルである。 150MHz動作時に,20ピクセルの顔画像を約33msで検出できる。「デジカメなどで子供を取るなど,動きの速い被写体の場合は,こうしたハードウエアによる高速な顔検出が生きてくるはず」(同社の説明員)とする。


ついこの間子供の運動会があったので↑が実感できます……
(´・ω・`) うまく撮れなかった……
ついでですが(←おい)顔認証技術は非常に応用範囲が広く注目しておくべき技術だと考えている。その中でもオムロンは今回の発表で頭一つ抜け出した気がする。
スポンサーサイト

Sensor News Japan

00:03 | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP



| このページの先頭へ |

サイト内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

名前 : ヒデト(山下秀人)
ウェアラブル"幸せ"センサ開発を目指す技術者
専門はMEMSプロセス屋

センサ情報は下記メールアドレスまで
sensornews@yamashita.bz
お待ちしております
RSSフィード : RSS
テクノラティプロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。